スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
京都 嵐山
2009-04-17 Fri 11:40
保津峡にいるたぬき4月4日京都嵐山へ行ってきました。

保津川3月末に母の誕生日だったので、プレゼントとして前々から行きたいと言っていた嵐山の美空ひばり座へ連れて行ってきました。

といっても、嵐山日帰りバスツアーに参加してその自由時間に行ったんですけどね。

ちょうど桜の時期ですし、お花見がてらということで行ったんですが、生憎、到着と同時に雨が降りはじめ・・・
それに狭い小路に傘を持ったたくさんの観光客で嵐山はキツキツ。
美空ひばり座は入館料1,400円で、わあビックリ。興味がないからか?私にはこの金額はかなりキツク感じました。日本の国宝をふんだんに展示する正倉院展でも1,000円なのにねぇ・・・

でも、ツアーメインの嵐山のトロッコで保津川の8分咲きの桜も見れたし、嵐山で有名なわらび餅のお店「老松」で“本わらび餅”もいただきました。

老松 本わらび餅本わらび餅は通常よく売ってるわらび餅とは全然違ってて、色は黒っぽく、まるでこんにゃくのようです。また舌触りももっちり、やわらかでした。

できたてのわらび餅は二段の重箱の一番下に冷水に冷やされた状態でやってきます。上の重のきなこが入っており、小皿に入った黒蜜とお好みのほうで食べることができるんです。でも、私は両方かけて食べちゃいました。とっても美味しかったです(*^^*)

でも、この本わらび餅セット、本わらび餅5個、ほうじ茶、きなこ、黒蜜で1,200円。

手間暇かかってるのはわかりますが、5分で平らげてしまう本わらび餅にこの金額は、ちょっとお高いかも・・・。(美空ひばり座のこともあるし、やっぱり嵐山(観光地)料金なのかな?)
せめてほうじ茶じゃなくて、抹茶でも付いてれば文句なしかも。
別窓 365+- コメント:2 top↑
お花見
2009-04-02 Thu 01:33
 愛媛県今治市朝倉にある無量寺のしだれ桜です。(樹齢約100年)
無量寺のしだれ桜 無量寺のさくら2
画像をクリックすると拡大画像をみることができます。

しだれ桜ってやっぱり綺麗。
実は先日、我が家の庭に植えていた桜が枯れてしまいました。
ということで、急きょ植木祭へ突入。
無量寺と同じ品種だという「紅しだれ」の苗を購入してさっそく植えてみました。

我が家のさくら1
ま、まだまだ貧相ですが・・・

我が家の桜2
ちっちゃいながらもつぼみがあります
ちゃんと根付いて大きく長く生きづいてくれればいいなぁ。

お花見の続きを読む
別窓 365+- コメント:6 top↑
氷室神社の枝垂れ桜
2009-03-27 Fri 14:37
氷室神社のしだれ桜
3月21日
帰りの時間もあったので、近場ということで東大寺周辺を散策しました。

ふと東大寺に入ろうと道を渡ると、今まで気づかなかった(汗)神社を発見。
しかも、なんだか人が集まっている様子。
よく見てみるとなんとここだけ桜が満開じゃあありませんか!

樹齢100年を超えるという歴史あるしだれ桜だそうです。

奈良のほかの桜はまだ固い蕾だというのに、こんなところで思いがけず、すばらしい桜を見ることができて最高でした。
別窓 365+- コメント:8 top↑
高取城跡ハイキング
2009-03-25 Wed 14:56
3月20日
なぎさん、かるほさん、たらさん、猫さんと一緒に高取ツアーに参加しました。
コースは壺阪寺→高取城趾→高取町家の雛めぐり→小嶋寺

高取城は日本一の広さを誇る山城だそうで、なんせどこまで行っても石垣が続く続く。
行きはタクシーで楽々だったんですが、帰りはほぼ小川跡のような山道を軽く滑りながら小1時間。
ようやく降りてくると、麓のひとから
「え?城から降りてきたの?その格好(全員が町歩きファッション)で!?」
というツッコミでねぎらいを受けました゚。(*^▽^*)ゞ

あの山道を殿は駕籠で降りてたのか~、家臣からすれば、できれば殿はヒキコモってて欲しいなぁ、とみなさんと話していたのに、最後に行った小嶋寺で聞いた話では、殿は毎日夜中3時に小嶋寺へお参りに来てたとのこと・・・orz

あそこを駕籠で毎日、しかも丑三つ時。Σ(T□T)

殿~、ひどすぎるよ~・・・( ノД`)
駕籠かきさんたちの苦労が偲ばれます・・・

ちなみに南北朝時代に高取城を築城した越智邦澄は、越智伊予守だったそうです。
伊予というのは私の地元、愛媛県を指すのですが、大和越智氏は伊予守を輩出するなどしていることから、愛媛県今治出自の豪族、伊予越智(おち)氏と関係があるのではないかという説もあり、なんだか縁を感じてしまいました(^^)
(私も祖母が越智姓・・・というか、地元にはなんせ越智さんが多いんです)

山道は激しいですが、高取城コース、中身も濃く、道すがら話しながらなので時間はあっという間。本当に楽しかったです。

山散策、じつはキライじゃないです(^^)
別窓 365+- コメント:8 top↑
三線
2009-03-17 Tue 16:30
三線(さんしん)って知ってますか?

沖縄の弦楽器で、ちゅらさんなんかでもよく弾かれてたみたい(私は見てませんが)ですが、パッと見、三味線のような楽器です。→こんなの

元々、中国の三弦(さんしぇん)という弦楽器が16世紀に大阪に伝わって三味線の元となり、琉球へ伝わっていったものが三線になったそうです。

私は三味線を直に見たことがないのですが、見くらべた人の話によると三線は三味線よりひとまわり小さいそうで、あと違いは三味線は猫の皮、三線は蛇の皮を張るところでしょうか。

私は蛇が苦手なので蛇皮も当然大嫌いで、蛇皮バッグも触れないのですが、なのになんでか三線を習い始めてしまいました。

去年、沖縄へ卒業旅行へ行った際、わざわざ劇場まで行ったにも関わらず、時期的にちょうど三線講演がなくて見られませんでした。
とくにそれがそんなに気になってたワケではなかったのですが、たまたま近くに沖縄料理店ができ、そこで三線ライブがあると友達に誘われ、「ああ、そうだ前回見れなかったんだよね~」と思って見に行ってみると、なんだか友達はやたら三線に詳しい!
よくよく聞いてみるとすでに習っているとのこと。
え~三線教室って面白そう、ちょっと見に行ってみようかな~・・・なんて軽い気持ちで行ったのに

弾いてみるとこれがまた全然想像してる音がでない。
指はピキピキ、出るのはボヨンボヨンと情けない音ばかり。
でも、まわりからはなんだか結構いい音色が聞こえてくる。
友だちもなんだかメロディになっている。
なんかクヤシイ~!

と、すっかり負けず嫌いスイッチがON。

そして、形から入るわたくし。
買ってしまいました。三線・・・・。
しかもなぜか蛇本張り・・・orz
(いや、やっぱり人工皮とでは音が違うんですって・・・)

蛇じゃない、これは断じて蛇ではないのだ、と自らに念じつつ、いまはまだひたすらヘタクソな音色を奏でてますが、いずれフツー程度に弾けるようになったとき、改めて沖縄行ったら、きっと前回の沖縄とはまたひと味違った沖縄を感じられるのではないかとちょっと楽しみな今日この頃です。
別窓 365+- コメント:4 top↑
BACK  Moon Dragon  NEXT

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。