スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
携帯
2006-10-13 Fri 11:51
とうとうやめちゃいました!ソフトバンク!\(~o~)/
ソフトバンクにしがみついてた父もようやく説得(ねじふせ)完了。
家族全員サクっと変更です(笑)

金額面、慣れ具合ではボーダが一番でしたが、やはり今回の対応にはどうしても納得がいきませんでした・・・。
あと、エリア面もやっぱり不安が・・・
最近、今まで通じてたのに繋がらなくなる地域頻発。
(他のソフトバンクユーザより)

で、月々の利用頻度と金額、エリア面の不安解消ということで
docomo(P902is ME)を購入してみましたが、
うーん、ちょっとしか話してなくても通話料がやけに高く感じる・・・。
今まで定額で気にせず話してたせいかな・・・?うーん。
携帯会社変更で気づいた点は
softbankからdocomoへのアドレスデータ移行
「携帯会社が違ってもアドレスコピーします」とはなってますが、
実際私の機種(802sh)は3Gだからか、日本語文字に互換性がなく、通常携帯会社の機器を使っては不可。赤外線通信を使っても文字化けするため、すべて手入力となりました(>_<)
(番号はOKですが、名前等は壊れた中国語のようになりました)

auは計算の結果、月々の基本料金が今より高くなるので却下となったのですが、通話料はauが一番安いですね。デザイン性でも一番。(私の主観)
けど、通勤が電車でないからか「音楽ケータイ」にはあまりメリットを感じませんでした。でもでも、アドレスを手入力してて思ったのは知人になんとau利用者の多いことか・・・!そんなに人気があるとは、なんか、まだ私の気づいていないメリットがあったのでしょうか。

あ、ちなみにauのガク割を使えるかどうか聞いてみたのですが。
確認するのに学生証を持って来いと言われました。
確認するようなデータは学生証には載ってないと思うんですが・・・学校名学部名等がわかっていれば照合くらいはできるはずだと思うんですけどね?
(本当に学生なのか疑われてた??)
あと、ガク割で利用できるのは簡単ケータイとかだけだそうです(>_<)

まぁ、今回は一応docomoを買ってしまったので1年間(1年割引だから)試してみて、それで料金等の不安がある場合はまた1年後に検討します。
次はauに行ってしまいそうな気もしますが・・・気になるau。

今回買った
P902isはやはり新しいだけあってか、それとも会社が違うからか
真新しい機能がたくさん。

●Bluetooth
まず、ME(Music Edition)を買ったので、Bluetoothのワイヤレスイヤホンが付いてました。これでBluetoothをテストして遊びまくり。
音楽はまだダウンロードしてないので、通話でテスト。
ハンズフリーは便利だけど、これで長々と通話するとボーダのように指定定額がないので、大変なことに・・・ビクビク(>_<)
ボーダの802shにもBluetoothは付いてましたが、それ用のイヤホンやヘッドセットを買ってなかったので利用してませんでした。普通のイヤホンマイクで十分だったので。
ちなみに付属のワイヤレスイヤホンはネックレス部分が長いので、そのままではマイクに声が届きづらいです。ちょっとつまんで短くするとOK。

●おさいふケータイ
さっそくEDY登録をして、100円プレゼントをゲット。
今までもEDYカードは使ってたので、今度から携帯EDYで利用することにします。(まだこの田舎で使えるのはサークルKくらいのものですが)

●iアプリ
・テレビ予約
 EPGテレビ欄をゲットして携帯でチェック。
 Gコード予約ができました。ちょっと便利。いちいち新聞確認しなくていい。
・テレビリモコン
 テレビ2台分、ビデオ1台分、DVD1台分が登録でき、切り替えてリモコンとして利用できます。希望としてはテレビを2台分ではなくあといくつか登録できるようにしてほしい。

今のところ、いいなぁと思ったのはそんな機能でしょうか。

あと、改良してほしいのは
・ライト
夜、暗いときに鍵穴とかを見るために外部ボタン操作でライトが付くようにしてほしい。(よくある機能ですが、この機種にはない模様)
・メールの文字入力欄
プレビュー画面の下3分の1ほどが入力欄になってしまうため、プレビューが見づらいです。単漢字変換もちょっと不便。(候補順が後ろの方へ行きすぎ)

以上、P902is利用リポートでした。
(て、いつからリポートに・・・)
スポンサーサイト
別窓 365+- top↑
 Moon Dragon 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。