スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
奇跡のシンフォニー
2008-06-22 Sun 23:46
今日は「奇跡のシンフォニー(AUGUST RUSH)」を観てきました。

本当は「インディ・ジョーンズ」を観にいこうとずっと思っていたんですが、やっぱり公開すぐの土日はいっぱいかな?と思っているところに「奇跡のシンフォニー」の前宣伝番組が。

なんだか、前宣伝番組でほとんど内容を見てしまった感はありましたが、なかなか面白そうな映画です。

よーし、ではみんながインディに流れてる間にこっちを観よう。
と思ったものの調べてみると、なんと我が市の映画館では「奇跡のシンフォニー」が上映されてない!!

田舎だなぁ・・・しみじみ

しかーし、私はどーーーしても観たいのだぁ!
ということで、近隣の市まで、この映画を観るためだけに行ってきました

評価は(5点満点中4.5点)

これは両親を知らず養護施設で育った11歳の男の子が両親を探してNYへ出ていき、生来もって生まれた音楽の才能を開花させていくという映画です。

やっぱり、前宣伝番組であらかたのネタばれはしてしまっていました。
けれど、泣ける、そして見ていて気分が明るくなるような映画でした。
挿入されている音楽もどれもいいのが特徴です。

いいな、と思う映画やドラマなどはやはり音楽もいいですね。
音楽がいいから映画もよくなるのか、いや、相乗効果かな。

今回もまた映画館のルール違反
隣の女の人が途中で携帯着信音を鳴らしたり、反対側の男性はみんながウルッとくる場面で鞄からお菓子をガザガザと大きな音を立てて出したり・・・
せっかく映画の世界に感情移入してるのに、いっきに現実に引き戻されて台無しです。
みなさま、映画を見るときはくれぐれもルールを守りましょうね。

とりあえず、「奇跡のシンフォニー」はDVDになったらゼッタイ買います。
スポンサーサイト
別窓 映画 top↑
 Moon Dragon 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。