スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 top↑
「魔王」
2008-05-29 Thu 18:02
勉強をしなくなって早数ヶ月。
勉強分の時間が暇になった私には、今、はまってるものがふたつあります。

ひとつは『映画・ドラマ鑑賞』

実は私、自他共に認める映像っ子です。
映画だろうが、ドラマだろうが、ドキュメンタリーだろうが、アニメだろうが映像なら何でも来い!です。
(早い話がテレビっ子)
そのためDVDレンタルはギリギリ限界10本、数日おきに借りに行くなんてこともめずらしくありません。
けれど去年はど~しても卒業したかったためそれらをすべて自粛していました。
長く辛い日々でした・・・(T-T*)
だから!卒業が確定してからはその1年分を取り戻すためにレンタルショップへ行くわ行くわ、借りるわ借りるわ、見るわ見るわとすごい映像づくしの日々を送っています。


そしてもうひとつは『韓国ドラマ「魔王」』です。
韓国ドラマっていうと、なんとなくご年配の女性が狂喜乱舞してる姿が思い浮かぶのでちょっと抵抗感はあるのですが、まぁ、結構面白いです。(笑)
そのなかでも最近まれに見る傑作だと(私は)思っているのが「魔王」です。

しかし、最初からこのドラマが面白そうと思ってレンタルしたわけではなく、単に以前「宮」という韓国王朝が現代まで存続していたら、という設定で、そこにいきなり一般の女子高生が皇太子妃になっちゃうという面白いドラマがあり、そのとき皇太子役だったチュ・ジフンが主役だということで、ふと手に取っただけのドラマでした。

が、見てみるとこれがすごいサスペンス仕立て!
10年前の事件をもとに展開していく復讐劇、点在する伏線、魅力あるキャラクターたち。
息を付かさぬ20話仕立てです。
韓国ドラマといえば、冬ソナに代表されるようなメロドラマ風や日本のドラマのリメイクが多い中、これはまさに異色の1本でした。
配役も絶妙で、とくにチュ・ジフン演じる弁護士オ・スンハのダークさは本当に秀逸。この役はこの人以外には絶対ムリだと思いました。

なのに、
なのに、
なんと日本で7月からこの「魔王」をリメイクするというではありませんか!

チュ・ジフンのように本当に魔王のようなイメージの若手俳優なんていたっけ?
となんて思いながら配役を聞いたら、なんと嵐の大野クン!
||||||||/(≧□≦;)\|||||||
あまりのミスキャスに本気で泣くかと思った。
(大野クンのファンゴメンナサイ(-人-))

なんでそんな若いアイドルが!
クールな敏腕弁護士の役はおかしいでしょ!

と思ったら、大野クンもう27歳で、ジフンより年上だった!
ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓
(チュ・ジフンは26歳です)
重ねてそれにも大きなショックをうけてしまった・・・

本国、韓国ではこの「魔王」の視聴率はあまりよくなかったそうですが、去年、日本でこの韓国版「魔王」は放送され、大人気を博したそうです。(私が知ったのは今年ですけど・・・|ヘ(´ω`)ゞ)
そして、この「魔王」ファンは魔族と呼ばれるそうです。

きっと、私も立派な魔族に違いないと自負しているのですが、魔族として断固、韓国版「魔王」を壊してしまう日本版「魔王」は見ません・・・o(TωT )

いいかげん、韓国と日本でリメイクしあうのやめましょうよ・・・orz
スポンサーサイト
別窓 ドラマ top↑
 Moon Dragon 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。